2012年の3月10日

March 10th, 2012

去年の3月10日、ここに何か書き込もうと思っていたが、仕事の関係で朝帰りになってしまい、できなかった。

少しだけ寝て、また出勤した。

いつものように会社の近くのファミレスで遅い昼食をとっていた時、大きな地震があった。後に東日本大震災と呼ばれる、戦後最大の災害。

奇しくも、戦時中に東日本最大の被害をもたらした、1945年3月10日東京下町地区大空襲の次の日だった。

東日本大震災の死者+行方不明者の数は、約2万人(2万5千人という話もある)。多くの人々が、人間、財産、仕事、生活のすべてを失った。原発事故の影響も大変大きい。

あれから1年である。

3月10日と11日は、大災害のあった2日間として、記憶に残るだろう。

  1. 大年亮

    昨日、亀戸駅で下車し戦災資料センターまで歩きました。
    関西人の私はあまり見当つきませんでしたが相当な距離ですね。
    地図を見てどれだけの広範囲が焼けたのかと考えるも全く想像を超えています。
    しかもそれがまるで忘れ去られているのも大概えげつないと言うか、言葉にならないですね…。

コメントを書く